抜け毛の種類はどんなものがある?それぞれの原因と対策をご紹介

進行型の抜け毛、AGA

抜け毛の種類の一つとして、「AGA」と呼ばれる、進行性の男性型脱毛症による抜け毛があります。AGAになると、発毛のサイクルが乱れてしまうので、せっかく生えてきた毛が十分に成長しきっていない状態で髪の毛が抜けてしまいます。ですから、抜け毛としては比較的短くて細いものが多いです。AGAの主な原因は、男性ホルモンの過度な分泌により成長ホルモンがストップしてしまうのです。AGAは遺伝性があるとも言われていますが、不規則な生活やストレスからもなりやすいので、規則正しい生活やバランスの良い食事をとることを心がけましょう。そのままにしておくと進行してしまうので、医療機関で治療したり、市販の育毛剤などを使ったりすることで対策を行いましょう。

女性版AGAによる抜け毛とは

AGAは、男性に起こる抜け毛ですが、女性にも似たような抜け毛の症状があります。「びまん性脱毛症」と呼ばれるもので、女性男性型脱毛症「FAGA」という名です。抜ける毛の特徴としては、先っぽが変な形になっていたり、ちょろっとしっぽのようなものが毛の先に出ていたりします。この抜け毛は、更年期前後の女性に多くあらわれてくるので、老化が原因と思われがちですが、実際にはそれだけでなく、パーマのかけすぎやカラーのしすぎなど、髪の毛を酷使した結果としてなってしまうのです。また、過度なダイエットやストレスも原因になります。対策としては、AGA同様、規則正しい生活やリラックスする時間を作ったり、髪の毛のダメージケアを行ってあげることです。